最新記事

求人を食い入るように見る女性。
シングルマザーの姿はいまの日本に多いといいます。
離婚率が上がっていることから、少し働こうかしらというのではなく、自分が働かなくて生きていけないという瀬戸際の立場の方も多いようです。
求人を出す側としては、シングルマザーそのものの存在よりも、子供の年齢や生活状態によっては敬遠するところもはっきり言ってあります。
子供の病気や幼児などでしょっちゅう休まれたのでは、仕事にならないという理由でしょう。
そんなことはありませんと言い切ることができない現実がシングルマザーにはある事も事実です。
しかし、シングルマザーこそ弱者の立場ですから、積極的に使って欲しいと思うところですが、現実はなかなかうまくいかないようです。